パチンコ 浜崎あゆみ 解析攻略

釘の見方とゲージ構成

釘の見方 CR浜崎あゆみ物語-序章-のゲージ構成は比較的甘く、ボーダーラインも低いのだが、ステージに乗った玉がなかなかヘソに入らないことから、回転効率が非常に悪いものとなっている。
しかしながら、電サポ時は甘いゲージ構成のため若干だが出玉増加が見込まれる。電チュー開放は4回のため、タイミングを見計らって打ち出すのも効果的だ。
したがって、CR浜崎あゆみ物語-序章-を打つときは、ステージに乗る台を打つのではなく、安定してヘソに集まる釘調整の台を打つように心がけよう。

演出による立ち回り方

好調台 不調台
PVモード プレビュー予告
初当りがPVモードならハマリが少ない好調台!
初当りがPVモードなら好調台の可能性が高い。このパターンからは大連チャンはしないけど、時短終了後の引き戻しが早い傾向がある。
プレビュー予告の赤文字ガセ頻発は即ヤメのサイン
不調台になるとプレビュー予告がガセりまくる。白文字のガセは仕方ないとして、赤文字のガセが多くなってきたら、そういう台は即ヤメした方が無難。

デモ出しポイント

チャンスアップがハズれた時 アドバス予告がハズれた時
絆リーチ アドバス予告
絆リーチのチャンスアップがハズれた時はデモ出し必須! アドバス予告ハズレ後は台を5分くらい休ませて流れを変えよう。

こちら CR浜崎あゆみ物語 序章のボーナス直撃打法はこちら

2style.net