MR−1800GLD(1997年)


このモデルではCS(チェリー・サンバースト)とBS(ブラウン・サンバースト)のカラーがお馴染みだろう。カタログをつぶさに見るとGLD(ゴールド)が数量限定で生産されたことが書いてある。当時の楽器フェアにも実物が展示されていた。しかし今日、実物を見ることは非常に稀だ。全体にリファインが施され、これと同じ仕様は1970年代のモデルにはない。グローバー・ペグが取り付けられているので、一瞬だけMR1000の前期型を思い起こすかもしれない。しかし、ロゴは「0切れ」でヘッド・バインディングは無い。1弦側カッタウェイからハイフレットへのアクセスを考え、ボディ側が削られているなどの特徴を持つ。旧製品の泣き所だった、ネック回りの強度も相当に強化されたようだ。重量は3.7Kg(よなかさんに譲渡)。






2style.net