2style.net

ヘナの白髪染めについて

ヘナの白髪染めについて書いています

ヘナとは

白髪染めというと、刺激が強い、髪や肌に負担がかかりそうなどと不安に感じる人もいるかと思いますが、自然由来の白髪染めのヘナを試してみてはいかがでしょう。

ヘナの色素はオレンジ色をしているので、白髪を黒く染めることはできないのですが、髪に優しい成分で白髪を目立たなくすることができれば嬉しいですよね。

ヘナの良い点として、トリートメント効果も期待できるという点があります。

ヘナの色素がタンパク質と結合する時、髪の表面に薄い膜を作ります。

この膜が髪の水分を保つ働きをしてくれるのです。

紫外線から髪を守る働きもあり、ヘナを使い続けていると髪にコシやハリが出て、クセ毛も改善されると言われていますよ。

通常の白髪染めと比較すると刺激の少ないヘナですが、人によってはかぶれてしまう場合もあります。

通常の白髪染めを使用する時と同様、ヘナを使用する前にも必ずパッチテストを行いましょう。

ヘナはオレンジ色にのみ、染めることができます。

黒髪の中に白髪が少し混じっている状態なら、黒髪とオレンジ色が混じりあって全体的に自然なブラウン色になります。

白髪の割合が多い人では効果的に染めることは難しいので、しっかり染めたい方にはヘナは不向きと言えるでしょう。

抜け毛の程度をチェックしよう

抜け毛の本数による判断だけではなく、その抜け毛を観察することによって、どの程度の危険さなのかを判断することが出来ます。

もともと髪の毛では、成長→休止→脱毛というサイクルが繰り返し行われています。

1日に50本から100本の抜け毛は、実はまだ正常な状態です。

しかしこれが200本、300本と増えると、薄毛が進んでしまっている状態です。

なるべく抜け毛が進んでいると思う箇所を選び、軽く引っ張ってみて抜けた毛をよく観察してみましょう。

まずは、細くて短い毛がどの程度あるのかを把握します。

そのような抜け毛は、十分に成長し終える前に抜けてしまった髪の毛で、残念ながら、通常の毛よりもずっと短命で終わってしまっています。

当然ながらそのような髪の毛は、より少ないことが望ましいです。

そして、毛根の部分も観察してみましょう。

先が丸くなっていれば、それは寿命まで生え続けた毛です。

一方、先が細くなっている毛は、残念ながら寿命をまっとうする前に抜けてしまった毛です。