今から切手コレクションの楽しみについて語ります。収集家である私は今まで色々な種類を集めていました。もちろん記念切手はかならずチェックしています。

つまり昔の趣味である切手コレクション、つまり収集家ですが最近また少しだけ盛り返してきたみたいなのです。子供の頃に一時切手をコレクションするのが流行った時期がありましたがその頃に収集した人も多いのでは?

でも集めた切手をたくさん保管するために買ったのがアルバムだと思いますし、バラで買って一枚一枚ファイルしていた几帳面な人も多いと思います。

しかし乱雑な大ざっぱな性格の人はせっかく集めた切手をけっこうビニールに入れたりいい加減に扱っている人もいるのでは?そういう私もあまり几帳面な性格でもないですがそれでも丁寧に扱って保管をしていた方だとは思います。

ところででは切手コレクションの楽しみについてですが、収集家にとって滅多にお目にかかれないプレミアな価値のある切手や綺麗なデザインの切手をシートで集めてブックに保管して後で眺めるのが楽しみでしょう。

やはり収集家にとって綺麗なデザインを眺めるというのが、一番至福の時で世界の中でも日本はデザインにおいて緻密で精密で細かいところまで手が届く、まさしく技術の日本ですね。

ところで切手コレクションの楽しみ方ですが、初めて集める初心者の方だと切手の専門店に行ったり専門書や入門書などを参考に集めるでしょう。しかも専門店に行くと今まで見たこともない綺麗なデザインの切手があったりします。まあ販売価格がたいがい高いですけどね。

また価値が高いと思われる切手をコレクションしたいと思う人は店舗などで売っている切手カタログを見るか店員さんに聞くのもありですね。もっとも商売っ気が多い店員さんだとどんどん高い切手を売りつけられそうですけどね。

ところでそんな切手ですが果たしてどのくらいの価値があって売れるのか?買うばかりでなく売ってまた新しい切手を買う方法もありかな。だいたいもし欲しい切手がかなりの高額だとしたら、今持っている切手を売りさばいて新しい欲しい切手を買う方法もありますのでまず業者の買取価格を調べて売る事を決めたら良いかも。

切手の買取価格

でも果たして私が持っている切手を業者が高額で買取りしてくれるのか分からないのでまずは専門の鑑定士から見積もり査定を貰うと良いでしょう。

だいたいにおいて業者間の取引額というのがある筈だと思うし、たいがいは査定してもらいたい切手の発行枚数とか発行した年が査定額に響くはずです。もちろん切手の状態も関係あると思うし、綺麗なのはもちろんシートで持っている方が買取価格が高くなるのは何となく想像が出来ます。

ところでいつも思うのですが切手というのは記念に発行するものもあるし、デザインされた人物や花などの植物や動物など身近なものや他にも色々な物を使うと思います。つまり歴史を考えるとデザインにかなり深い理由があると思われるのです。

もっとも私はその歴史については全然分からないですが記念切手というのは時代背景により発行されたと思われます。もちろん発行年数が古ければ古いほど、発行枚数が少なければ少ないほど価値がある切手というのは素人の私でもなんとなくわかるんですけどね。

つまり歴史が古ければ古いほど価値が高くなり発行枚数が少なければ少ないほど高い値段がつくものなのです。でもそういう価値を気にして収集しているわけでもないので、あくまで好きなデザインをコレクションしているだけなのです。

なかなか歴史と価値については難しいし専門家からの立場でも色々な意見が分かれるところなのです。実際にプレミア的な価値があるものは買う時にもかなり値段が高いものなのです。




All Rights Reserved.
(C)2009切手コレクションの楽しみについて
2style.net