状況〇九:昇任試験、来タル



麻子は怖いだろう…これはトラウマだろう…
なんというか、今回はつれづれなるままに感想書いてたらどうもぐっちゃーってなってまとめがむっずかしいなぁ…

とりあえずそのまんまいこう。

ようーやっと手塚だ手塚がきたきた。
うっかり娘か…うっかりですまないと思うわけですが、全体的に。

王子様バレしてしまって、さてこれから。
どーんどーんな郁の後ろで、
手塚がなんかすんごいムキって…あれ…?
てか目がキラキラ?
すんごいなんか少女漫画になってる!?
手塚ってそんなだったっけなぁ。
郁とか麻子はそんな違和感ないのに手塚だけ一瞬一昔前のなんかの感じです。

作画には強制脳補正をかけまする。

手塚のVS子供相談。
モジモジしすぎだよ!
身体でかいんだからモジモジすんなよ!
てか、まぁなんだろうな子供相手に手こずる手塚はまた別の意味でかわいい。
う〜んと…新しいかわいらしさ、いや新感覚スイーツとかそういう雰囲気のですね、 なんか言葉をえらぶなぁ…

でかかわいい

あえて言うならこんな感じ?
しかし、目がキラキラしてんのが気になってたまらん…



筆記のほうはオレが見てやる、でひっくりかえった郁。
あれはやばいだろう頭打つだろう。
いやでもこれ結構石頭って設定もかわいいよな。郁だと。
ゴツンぶつかって、ぶつかったほうが脳震盪起こす的な…
お前は人間兵器かぁ!!って怒られる的な…

んで勉強みてやる堂上。
ちゃんと勉強しろ。
手をはじかれてション…てなる堂上が可哀想な犬のようですごいです。
コーヒー吹いたのは片付けたんだろうか。
砂糖たっぷりコーヒーだとあとでベタベタするぞ?
そして手紙取り上げシーン。
届いてない…!
届いてないよ、堂上…!!



なにピョンピョンしてんの堂上…!!!



そして投げられてる堂上…!!!!


あそこまですんごいかるーくスッ飛ぶとは思いませんでした。
飛びすぎだろうYO!!
やっぱちっこいせい…

そして医務室に運ばれる堂上。
なんだろ、あの状況からするに小牧がやってきて運んでくれたんだろうか。
よかったね、堂上ちっこくてよかったね!
簡単に運ばれるサイズでよかったね!
隊長とか倒れたら運ぶの大変だろうなぁ…切実。


よじ登られる大木手塚もかわいいじゃないかーとか思ってたら筆記試験のお勉強に。

えーとこのダブル乙女な二人一体なに?
郁だけじゃなくて堂上も乙女なのはナニ!
でも堂上…堂上、その格好は変質者

とか思ってみてたんですが。
ちょっと気がついたんですが。
なんかコートの長さが妙に長くね?

あきらかに堂上の身体のサイズにあってない長さじゃね?

というか、堂上よりも身長がある男性用のコートの長さじゃね?



まさか、小牧のコートか…!!!!!!




おいおいおいおいノート見られたついでにまさか 「このノートを笠原に渡したほうがいいと思ってるんだが…」とか相談したりしてたらどうしよう!!

じゃぁ、渡しにいくしかないよね、試験までもう時間もないし。

とか小牧ににっこりされちゃってあんなベッタベタな変装して 小牧のコートまで借りて出かけてたらどうしよう!!!

もういいよ…それでいいよ…

というか、コートがサイズにあってない堂上だったら、 もういっそのこと全身ちっこくなっちゃえばいいのにねッ!
ミニサイズになっちゃえよもう…!!
手乗り堂上でいいYO…!!
図書隊のかわいい妖精さんだよ…!!!
(錯乱中)




ふぅ〜…ええと、来週なんだっけ。

おまけ

ひそかに気になってるんだが
某ケータイ捜査官なバディなアイツと
図書二正のアレはすんごい似てると思うんだ…
描くたびに気になってるんだ…



2style.net