2style.net

  身近な生活と金融
  

  事業用ローン入門
  

  商工ローン問題
  

  フリーローン世相
  

  経営安定資金
  

  経営安定資金(緊急経済対策枠)
  

  経営安定資金(取引安定化対策枠)
  

  経営安定資金特別改善枠
  

  新事業展開資金(事業革新資金)
  

  新事業展開資金(創業支援資金)
  

身近な生活と金融 〜この時代を生きる〜

身近なところにふとしたテーマが転がっている。

そんな安直で少しだけ不純な動機から身近な生活と金融というサイトを始めることにしました。

決して何かを特別訴えるようなつもりもなく、基本的にピースですよ。こんな時代だからこそ穏やかに何でもかんでもやりたいものです。

まず生活についてなんですけど。

今はまさに世界恐慌なんて言葉が毎日囁かれている寒い御時世です。

なのでそういう時代の生活をいかに乗り切るかと言うのはテーマとして扱ってもいいんじゃないかなって思うのですね。

だからというわけではないのですが生活するには金が要る。

ということで金融も切り離せないかなと思うのですよね。

生活をしていれば金融というものが避けられないことは確かで、まあー普通に生きていれば無視できないものです。

もちろんそういう暮らしの仕方一つ一つスタイルがあるわけで、そうじゃないという方がいても不思議ありません。

ただここでは最も普通なことをモデルにテーマにしているのでそういうことになります。

で金融論なんかを難しく説明することなんて出来ないので、生活に合わせて金融を交えて何か役に立つ情報とかをサイトを通じて発信できればななんて思ったりしてます。

ここは何かを宣伝するという目的ではありません。

主には自治体とか政府系金融などについて軽く掲載することはあるかもしれませんが、具体的に民間の金融会社というか企業を宣伝する場所ではないと考えております。

関連性ということで考えたら敢えて避ける必要はないという考え方を持っていますので必要だと思った時はそれに関することは述べさせて頂くときがあるかもしないです。

あと借金しながら生活を営むことを推進しているわけではありません。

生活が苦しいときには上手く自治体とか政府系金融を利用することも悪くないというか選択肢の一つじゃないかという見解です。

話は少し逸れますが生活で一番お金が掛るものって何かなって考えると一般的には家賃や食費なんかでしょうか。

そう思うとそれらを如何に安くするかということも常に考えるべきだとは思うのですが、節約ばかりで一体どれだけ続けられるかということも改めて見直す必要があるんじゃないかと感じます。

長期にわたる節約はとても苦痛ではないかと推測できます。

ならばいっそう節約などせずに違った発想で生活パターンを変えることも一考ではないかと思います。

それが簡単なことではないということは承知ですが、まずは変えようと思わないと変わることは出来ません。

そして今日本経済で苦しい立場の人たちは誰かと言うと中小企業のオーナーさんや自営業などの個人事業主の方たちですが、苦しいというのは銀行が融資してくれないということでもあるみたいです。

実際に銀行から融資を断られて大変な人が多いという噂を聞きます。そこで自治体などの融資情報なども参考程度に掲載しているのです。

地元じゃない場合は参考にして融資比較してみると情報として役立つ可能性があります。