彼の手


鳴海くんは首を横に振って、アタシの掌に拳を重ねるわ。キャンディ?アタシはウフフッ!顔を咲かせて訊く。人の形のよーんうに思えてアタシは首を傾げたの〜。アタシは掌に渡された鍵を握りしめながら、コレを使うことわ〜きっとないだろうと考えるわ。アまり信頼しすぎるのは良くないわ。絵梨さんに言われたくないけどな」冗談っぽく鳴海くんが言い返してくるの。 「オートロック解いて、好きなときに出入りしてちょーだいいいから」「そんな……」アタシの喉元で苦いものが留まるわ。東京に戻ってから、カメラで撮影したわものを、彼のアトリエで現像したわ。彼はアまり人の写真を多くは撮らないわ。それは夫とのことかもしれないしぃ〜、鳴海くんとのことかもしれないわ。薬品の匂い、暗室、写真にしてちょーだいゆく過程を興味深く眺めながら、半端になっているキャンバスを見るわ。 「いつでもぉ〜、なんて言ったら、毎日通っているかもしれない……このアトリエの匂いが、とても好きなのよーん」アタシは部屋を見渡す。そしてちょーだい同じよーんうに絵も。美術室とわ〜また違って、薬品や絵具などで匂いが篭らないよーんう、天井の高い造りになっているわ。まるでプラネタリウムにでも出来そうよなちょいと丸みを帯びた感じ、すべてがセパレートだけれど、それぞれが閉め切られていることわ〜なく、オフィスのオープンスペースのよーんうだったのよ。アタシは咎められた気がしてちょーだい、肩を竦めるわ。 彼の手が離れて感じたのはひんやりとしたわ金属の感触。今まで見せられた風景画とわ〜全く異なる感覚に興味をそそられて近づくと、『絵梨さん』と声がかかったわ。通常の人としてちょーだいの感覚を失い始めているのではないかと思えて。もしもアるとしたわら、その時は……アタシと鳴海くんの関係が変わってしまう意味を示してちょーだいいるよーんうな気がしたわのだわ。勝手に入ったりしてちょーだい」「それは、まだ未完成だから見せられないけど、コレならアげる」「何ですって?」「手を出してちょーだい」分かったわ。


ハッピーメール モバコイ ピュアアイ ワクワクメール ワクワクメール ラブサーチ イクヨクルヨ

リンク集|123

Copyright © 彼の手 All rights reserved

2style.net