熟年離婚して幸せに!
今までよくがんばりました。もうガマンしなくてもいいんですよ。

離婚で幸せになる人、不幸になる人

熟年離婚に向けての準備

年金分割制度が導入されたことから注目を浴びている熟年離婚ですが、20年以上連れ添った夫婦が、定年退職や子供の自立をきっかけに離婚している人が多くなっています。
しかし、この年金分割があるというだけで安易に離婚を選択しないほうがいいようです。どのようなケースの場合もそうですが、離婚するまでに準備が必要です。

熟年離婚の場合、離婚を言い出すのは妻側が多く、夫にとっては予想外のことに違いありません。夫は今まで仕事を言い訳にして家族を省みず、休日も家にいない、子育てはすべて妻にまかせきり、何かあると妻の責任にする、批判してばかり・・・。
不満を募らせた妻が爆発して離婚と言うことになるケースが多いようです。

熟年離婚の場合、年齢や地位的なものから財産や資産があるために離婚はもめてしまうケースが多いと言います。妻から急に離婚を言い渡されて夫が全力で反論してしまうからかもしれません。また、離婚することに対してエネルギーを使い果たすと離婚後のギャップに悩まされるケースも少なくありません。
専業主婦として生きてきた人が急に社会にでても雇ってくれるところはあまりないのが現実です。独り暮らしも寂しいですし、誰かに頼りたいと思っても子供が結婚しているとそれも難しいと思います。

ですから、まず離婚後の生活とお金のシミュレーションをしておくことが必要です。離婚後に住む場所、生活費、収入などを算出してみましょう。
離婚後にいただく予定の慰謝料や財産分与なども算出時に入れてシミュレーションしておくことも大事ですよ。年金分割があるとしても到底それだけでは暮らせる額ではありませんので、事前に準備をしっかりしておくことが必要です。

↓有利な離婚をするために、とても参考になります。

離婚後に別の相手と再婚した場合

離婚するときに年金分割をし、その後、どちらかが別の相手と再婚をした場合、離婚時に行った年金分割には何か影響はあるものでしょうか?

年金分割に関してですが、元妻、元夫のどちらかが死亡した場合、その分割された保険料納付記録には影響が出ないようです。また、どちらかが再婚をした場合でも同様のようです。
また離婚と再婚を繰り返した場合、前の離婚のときの年金分割は無くならず、それぞれの結婚期間に応じた保険納付記録の分割した年金額を全て足した金額で支払われるようです。
ですから、結局婚姻している期間に対しての年金が分割されるということなので、決して重複してもらうということにはなりません。

熟年離婚に限らず、離婚の際には慰謝料や財産分与などが発生するケースが多いですよね。その上、年金改正で年金分割が始まるとなると、妻側の方は年金がもらえるので離婚しても大丈夫と思う人もいると思いますし、夫側はせっかく賭けてきた年金が半分取られると思う人も多いと思います。
しかし、もし妻側の方が収入が多い場合は、逆に妻が夫に年金を分割しなければならないという事態にもなります。その辺は了承しておかなければなりません。

年金の分割制度というのは、熟年夫婦の離婚を後押しするものでは決してありません。離婚後の夫と妻の年金格差を無くそうという意図から始まった制度であるということを理解しておいたほうがいいと思います。

↓年金分割について一番よく分かる、おすすめの本です。

年金分割制度とは

2007年4月から年金分割制度が始まりました。簡単に言うと、離婚したら年金が半分もらえるといったものです。ただし、夫が妻に対して年金を分割するのではなく、年金給付が多い方が少ない方に支払うと言った意味合いですので、充分注意する必要があります。
この制度が制定されると分かる前までの離婚率は、年代に限らず増加傾向にあったのですが、この制度が施行される直前は熟年夫婦の離婚率が減少したということです。制度がスタートするのを待って離婚しようとする離婚予備軍が多かったのではないかと思います。

離婚すると一番気になることは離婚後の生活、特に金銭面だと思います。熟年世代で今まで専業主婦で来ていた人が急に離婚して働こうとしてもなかなか難しいものがあると思います。もちろん財産分与もするし、離婚理由によっては慰謝料も発生すると思います。
しかし、本当にきちんと支払われるのか不安になったりしますよね。そこで少しでもそんな熟年世代の人たちを救済しようと制定されたのが年金分割制度です。
縁があって結婚した夫婦ですが、いろいろな事情で離婚する夫婦もたくさんいるでしょう。結婚するのは簡単ですが、離婚するのは難しいものです。

この制度は厚生年金が対象となるので、国民年金に加入している自営業の人には関係がないのですが、婚姻期間中に支払った厚生年金について、配偶者にも離婚時に分割して支払いましょうということで、今までは夫名義で厚生年金を支払えば受給も夫にだけ支払われ、妻はわずかな国民年金の給付だけだったのです。
これにより、年金格差が無くなるようになったり、離婚後の高齢者独身者の極貧生活が少しでも救済されたりすることが期待されます。

離婚というと、離婚後のお金のことを考える方は多いと思います。特に専業主婦の場合は仕事を探すのも大変でしょうし、ましてや熟年離婚をした場合は特に仕事を探すのは大変です。
当面の生活費にも困ることも多いと思います。そのためにも慰謝料や財産分与など、お金に関わる決め事はしっかり行わなければならないところです。

スポンサードリンク
2style.net